『新サクラ大戦・模型浪漫倶楽部』では、
プラモデルになった「霊子戦闘機・無限」の魅力を『新サクラ大戦』のゲーム機体設定と共に
みなさまにお伝えいたします!

開設を記念して、
“新サクラ大戦シリーズプラモ化へのスペシャルコメント”もいただいております。
ぜひお楽しみください!!

『サクラ大戦』シリーズ監修 西野 陽

「いよいよ霊子戦闘機の時代がやってきたのだなあ」と機体サンプル見た時に唸ってしまいました。
それまでずっと霊子甲冑を見てきた目に、あらためて技術の発展を見せつけられた気分でした。

霊子甲冑よりも一回り大きな機体で高出力、それでいて必要な霊力は抑えられた革命的な機構。
人の動きをより精密に再現できるよう、構造にも様々な配慮が施されています。

「光武・改」から15年後の機体、無限。
新シリーズが始まるまでにかかった期間とほぼ同じです。
体感的にはそれだけの時間をかけて、霊子兵装はここまでたどり着いたのです。

そして同じように、ゲームも、アニメも、プラモデルも、発展してきました。
その技術の粋を集めて、ゲーム画面に、TVに、貴方の手の中に、無限は再現されました。

ぜひシリーズのキットを全て並べて、彼方の戦いに想いを馳せていただければと思います。
帝国華撃団、出撃せよ!

『新サクラ大戦』アートディレクター 馬立敬一

『サクラ大戦2〜君、死にたもうことなかれ〜』の「光武・改」に続き、『新サクラ大戦』の「霊子戦闘機・無限」もHG化とは本当にうれしいです。
「無限」はアクションゲームとなった『新サクラ大戦』でそれにふさわしいプロポーションを調整するのに苦心しました。「HG無限」もゲーム中のアクションを再現できるギミックが搭載されており感動です。
お約束の「コックピットハッチ開閉可能」はバンダイスピリッツさんのなせる業だと思いました。

「無限さくら機」はゲーム本編では宿敵「夜叉」に破壊され登場することはありませんでしたが現在放映中の『新サクラ大戦 the Animation』では無事に配備されて活躍しています。カラー設定をする時に「三式光武」同様の配色を行なったのですがあまりしっくりせずに色々試行錯誤したのを覚えています。

バンダイスピリッツさんの技術力で精巧に再現されていますのでアニメでは分からなかったディテールをこの「HG無限」で確かめてください。

なお、ゲーム本編の『新サクラ大戦』ではアップデートファイルVer1.01にてこの「無限さくら機」で遊ぶことができます。まだ「無限さくら機」で遊んでいない方はこれを機にぜひ、遊んでください。

メカニックデザイナー 明貴美加

サクラ大戦シリーズのデザインをするにあたって毎回悩むのが前作との差別化でした。
今回「新サクラ大戦」となり霊子甲冑から霊子戦闘機へと変わり、またハードもPS4となったため(表現など)さらに考えを凝らさないと対応できないかも、と心配もあったのですが、そこが逆に発想の起点となり、馬立さん初めとする開発チームの尽力もあって新しい機体を提案できました。
それがこうして、誰でも組むことのできるプラモデル、しかもHGシリーズで商品化とはデザイナー冥利に尽きすぎる嬉しさです。

試作品を見る限りでもゲーム中の機体がそのまま出てきたような迫力です。
ぜひ手にとって「無限」を実感してください!

PAGETOP