MECHANICAL

  • GUNDAM F90
  • GUNDAM F90II
  • A-TYPE
  • B-TYPE
  • C-TYPE
  • D-TYPE
  • E-TYPE
  • F-TYPE
  • G-TYPE
  • H-TYPE
  • I-TYPE
  • J-TYPE
  • K-TYPE
  • L-TYPE
  • M-TYPE
  • N-TYPE
  • O-TYPE
  • P-TYPE
  • Q-TYPE
  • R-TYPE
  • S-TYPE
  • T-TYPE
  • U-TYPE
  • V-TYPE
  • W-TYPE
  • X-TYPE
  • Y-TYPE
  • Z-TYPE

MOBILE SUIT GUNDAM F90

ガンダムF90

サナリィが「フォーミュラ計画」の根幹を成すモビルスーツとして開発した試作機。U.C.111に設計が完了し、翌年のU.C.112には、地球連邦軍による次世代主力機のコンペティションで高評価を得て、F90がその座を勝ち取った。直後の量産化は見送られたものの、アナハイム・エレクトロニクス社の一強であった連邦軍のモビルスーツ開発において衝撃を与える出来事となった。
F90との型式番号は、F9シリーズの0号機との意味を持つ。0号機にナンバリングされている通り、本機は技術立証用・データ収集用として開発・設計されたワンオフ機であり、戦場への出撃は予定されていなかった。それでも数機が製造され、テスト運用ののち、U.C.120には、1号機が第13実験戦団(第13独立機動艦隊)で、2号機はオールズモビルに奪取される形で運用された記録が残されている。
その特徴は、本体の小型化と多彩なオプション兵装による高い拡張性にある。まず小型化においては、これまで18〜20m程度が標準であったモビルスーツを、出力を保ちながら15m規模に小型化。これにより機動性能や生産・整備コストが抑えられる結果となった。
また標準装備はビーム・ライフル、ビーム・サーベル、バルカン砲とシンプルなものであるが、ミッションパックと呼ばれるオプション兵装が多彩で、長距離侵攻、電子戦、格闘など、戦況や作戦に応じたパックを換装できる機構を有する。このほか、マイクロハニカム技術により軽量化に成功した装甲、疑似人格ベースを採用したコンピュータなど最新技術を導入。こうした技術は、のちにサナリィが開発した後発タイプF91とそのシリーズに受け継がれ、モビルスーツの開発系譜の中でも大きなターニングポイントとなった。

型式番号
F90
頭頂高
14.8m
本体重量
7.5t
全備重量
17.8t
出力
3,160kW
推力
74,760kg
武装
バルカン砲、ビーム・サーベル、ビーム・ライフル、シールド

MOBILE SUIT GUNDAM F90II

ガンダムF90II

F90(2号機)の改修・強化仕様。オールズモビルの火星独立ジオン軍に強奪・改造されていた2号機を、地球連邦軍が戦闘の末再び回収、開発元であるサナリィに機体を持ち込んで改修を施したものである。連邦軍の回収時には機体がすでに大破した状態(60%が失われていたとされる)であったため、このリニューアルにあたっては多くの新造パーツが用いられ、胸部や肩部の形状やカラーリングも変更されているのが特徴。各部に備えた拡張用のハードポイントも完全に復元され、本来のF90に用意されていたミッションパックはすべて使用できる。
武装はビーム・ライフル、ビーム・サーベル、シールドとシンプルな構成で、ミッションパックとの連動という機体コンセプトは本仕様でも保たれた。一方、内部面では、F91に搭載されたものの原型となった試作型のバイオコンピュータを搭載するほか、ジェネレーターやスラスターの強化といった基本性能の向上も図られた。これにより、総合的なスペックは1号機を凌ぐものとなっている。

型式番号
F90II
頭頂高
15.1m
本体重量
7.7t
全備重量
18.4t
出力
3,880kW
推力
80,960kg
武装
ビーム・サーベル、バルカン砲、ビーム・ライフル、シールド

MISSION PACK

B-TYPE

B(Bombard)タイプは、F90に装着できるミッションパックのひとつで、敵拠点への集中的な爆撃や砲撃を行う重爆撃仕様。機体の各所に多彩な火器群を備えるのが特徴で、すべての火器群を一斉射した際には、単機で速やかに敵拠点を破壊できるだけの圧倒的な破壊力を有した。
まずバックパックには、大型のキャノン砲を2門備える。このキャノン砲は可動式で、射角を自由に変えることができる。そのことで、前方のみならず上方から迫る敵にも対応した。さらに、両腕部には5連装のグレネード・ランチャーを、両肩部、両脚部には、3基の大型ミサイルを装填できるミサイル・コンテナを装備。これらの装備によって機体重量は大幅に増加しているものの、バックパックに可動式のバーニアも合わせて設置された結果、機動性・運動性の低下を最小限に抑えることに成功している。

型式番号
F90B
頭頂高
14.8m
本体重量
Now Reserching...
全備重量
Now Reserching...
出力
Now Reserching...
推力
Now Reserching...
武装
キャノン、肩部ミサイル・コンテナ、脚部ミサイル・コンテナ、腕部グレネード・ランチャー、ビーム・サーベル、ビーム・ライフル、バルカン砲

MISSION PACK

D-TYPE

D(Destroyed TypeもしくはDestroied Type)タイプは、敵主力部隊や拠点に対して面での襲撃を仕掛けたのち、接近戦でその制圧を行うことを想定して開発されたミッションパックである。ハードポイントを活用した強化ポイントとしては火力と機動性が挙げられ、肩部に4連装式のグレネード・ラック、腕部に5連装式のロケット弾パック、さらに腰部にはクラッカーとメガ・ガトリングガンなど、それぞれ特性の異なる火器群を装備するのが特徴。また、脚部にはアポジ・モーターを追加したブースター・パックを追加することで、機体重量の増加にもかかわらず、優れた運動・加速性能を確保することに成功した。
実際の運用としては、ロケット弾やグレネード、クラッカーを用いて敵拠点へと襲撃を仕掛け(デッドウェイトになった火器は切り離すことも可能だった)、その後、速射性に優れたメガ・ガトリングガンや標準装備のビーム・サーベルなどで部隊を一掃する一撃離脱戦法を想定していた。

型式番号
F90D
頭頂高
14.8m
本体重量
8.9t
全備重量
21.3t
出力
3,160kW
推力
140,880kg
武装
4連グレネード・ラック、MSクラッカー、メガ・ガトリングガン、5連ロケット弾パック、ビーム・ライフル、ビーム・サーベル、バルカン砲

MISSION PACK

E-TYPE

E(Electronic)タイプは、索敵・電子戦に特化したミッションパック。敵部隊や基地の情報収集を行うべく開発されたミッションパックで、味方部隊から先行し、単独で運用されることが多い。F90本体に設けられた各所ハードポイントを活かした装備構成となっており、バックパックには、背部を覆うほどの大型レドームを備えているのが特徴。これにより、高い情報収集能力を獲得した。また、肩部、腰部には、それぞれ形状の異なる電子戦用のレーダーを装備。さらに携行兵器としても、電波阻害用に開発されたジャミング・ライフルが用意された。索敵・電子戦に特化したために戦闘には不適であり、友軍へ有利になるよう誘導をしながら回避・撤退行動が優先される。

型式番号
F90E
頭頂高
14.8m
本体重量
8.2t
全備重量
20.8t
出力
3,160kW
推力
74,760kg
武装
ジャミング・ライフル、バルカン砲
装備
レドーム、電子戦用レーダー(肩部、腰部)

MISSION PACK

F-TYPE

F(Fight)タイプは、近接戦闘の特化した格闘戦仕様のミッションパック。特徴となっているのは、両腕部に装着された可動式の腕部格闘装備で、使用時にはナックルを覆うように展開される。この状態で先端のビーム発生器からニードル状のビームを発生させることで、敵機装甲を突き刺す攻撃が可能となった。また、腰部にはフレキシブルなマウントラッチが追加され、先端の簡易マニピュレーターにビーム・サーベルを保持できる。これにより、腕部格闘装備展開時にもビーム・サーベルを使用でき、複数の敵に対応した。このほか、バックパックには推力偏向パドルを追加で装着。スピードを維持しながら急速な方向転換が行えるこのスラスターによって機体の運動性は大幅に向上し、格闘機としての総合的な性能が高められている。

型式番号
F90F
頭頂高
14.8m
本体重量
Now Reserching...
全備重量
Now Reserching...
出力
Now Reserching...
推力
Now Reserching...
武装
腕部格闘装備、ビーム・サーベル、ビーム・ライフル、バルカン砲

MISSION PACK

G-TYPE

G(Guards)タイプは、拠点や母艦などの警備・護衛を目的としたミッションパックのひとつ。使用されるのは両肩のハードポイントで、用途の異なる2種の大型兵装をジョイントする構成となっている。右肩に装備されるのは、大型のビーム兵器「マルチプル・ビーム・ウェポン」で、本体からビーム刃を発生・固定することで格闘兵器として使用できるだけでなく、ライフルモードに移行すれば先端部からビームによる射撃も行えた。大型ではあるが、肩のハードポイントとマニピュレーターの2ヶ所で支持しているため取り回しに優れ、その射撃範囲は広い。一方、左肩部には、上半身を覆うサイズの大型シールドが装備されている。このシールドは上下に可動する構造で、側面や上方からの攻撃に対し本体を防御する役目を果たした。これらの装備により、遠方から迫るミサイルの迎撃のみならず、MSとの格闘戦などにもフレキシブルに対応が可能となっていた。

型式番号
F90G
頭頂高
14.8m
本体重量
8.9t
全備重量
Now Reserching...
出力
Now Reserching...
推力
Now Reserching...
武装
マルチプル・ビーム・ウェポン、大型シールド、バルカン砲、ビーム・ライフル、ビーム・サーベル

MISSION PACK

I-TYPE

I(Intercept)タイプは、F90及びF90Ⅱのために用意されたミッションパックの1種で、迎撃・追撃をコンセプトとした仕様。F90Ⅱと同時期に開発されたと言われ、実際にF90Ⅱに装備されての運用が確認されている。
その最大の特徴は、機体の単独飛行を可能とする大型のフライト・シールドで、使用時には機体の底部に展開され、サブ・フライト・システムとして機能する。また、飛行時の加速力を得るべく、脚部に推力増加ユニットを装備し、安定的な飛行性能を獲得することに成功した。
武装面では、専用の兵器としてビーム・ランサーを備える。これは長尺のランサー部分による打突をはじめとした格闘兵器として使用できるほか、拡散型のビームを射出できる構造となっている。フライト・シールドによる単独飛行、さらに攻撃範囲が広いビームランサーを用いることにより、電撃的な一撃離脱戦法を可能とした。

型式番号
F90II I
頭頂高
15.1m
本体重量
9.7t
全備重量
29.6t
出力
4,150kW
推力
188,080kg
武装
ビーム・ランサー、マシン・キャノン、フライト・シールド、バルカン砲

MISSION PACK

K-TYPE

F90のために用意されたミッションパックのひとつで、拠点や母艦の防衛に特化しているのがK(Keep)タイプである。攻撃力よりも防衛力の向上を優先的に考えた持久戦仕様で、中でも試作型メガ・ビーム・シールドがその特徴となっている。腰部ジェネレーターと直結したケーブルによってダイレクトに出力を得るこのシールドは、機体を覆ってしまうほどのビーム・バリアを形成することが可能。敵MSやMAからのビーム攻撃や実弾攻撃を無効化した。
また、両肩のハードポイントにもIフィールド・ジェネレーターを各3基ずつ装備。メガ粒子砲ビームを機体から逸らすことでの防御が可能となっている。こうした特殊装備によって自機のほか周囲の機体や拠点を守る鉄壁の防御力を有する反面、攻撃力は僚機に頼るため、小隊運用を前提とした装備と言える。

型式番号
F90K
頭頂高
14.8m
本体重量
Now Reserching...
全備重量
Now Reserching...
出力
Now Reserching...
推力
Now Reserching...
武装
試作型メガ・ビーム・シールド、Iフィールド・ジェネレーター、ビーム・サーベル、ビーム・ライフル、バルカン砲

MISSION PACK

M-TYPE

M(Marine)タイプは、水中戦のために開発されたミッションパック。水中という特殊環境で運用するべく、ミッションパックの中でもかなり大掛かりなユニットが用意されている。特徴となっているのは、水中での推進力を得る4基の可動式ルーバー(羽根)付き大型ハイドロジェット。背部バックパックとして装着されるこのユニットにより、水中でも立体的な機動が可能となった。また、サーチライトやシュノーケルカメラなども追加装備されており、探査・索敵や戦闘に対応した。
武装としては、腕部の対MS用ミサイル「3連装マリン・ロケットパック」、脚部に対艦用魚雷「ホーミング・ピド―」、専用の携行兵器として予備弾倉パックも存在する6連装アロー・シューター、格闘用のヒート・コンバットナイフを装備。水中でビーム兵器が満足に使えない環境でも距離を問わない十分な戦闘能力を獲得した。

型式番号
F90M
頭頂高
14.8m
本体重量
9.5t
全備重量
22.5t
出力
3,160kW
推力
74,760kg
※ハイドロジェット用バックパック時:66,540kg
武装
3連装マリン・ロケットパック、ホーミング・ピドー、水中銃(6連装アロー・シューター)、ヒート・コンバットナイフ、バルカン砲

MISSION PACK

O-TYPE

O(Officer Type)タイプは、指揮官・士官用に開発されたF90のミッションパックのひとつ。部隊を統率する指揮官という役割に応じた強化・改良が行われ、バルカン砲と大型のブレードアンテナで構成された複合ユニットがバックパックに増設されている。このユニットによって牽制能力と通信能力が向上し、指揮官機として戦況をいち早く分析し、部隊の作戦行動に役立てることが可能となった。また、複合ユニットの増設に伴ってバックパックも改修され、上部に収納されていた2基のビーム・サーベルは、左腰に追加されたマウントラッチへと移動している。
このほか、武装として強化型ビーム・ライフルを新たに装備する。連射性を重視した通常モードのほか、破壊力を重視した高出力モードがあり、高出力モードでは砲身が延伸する構造となっていた。2つのモードの切り替えは自在に行えるため、後方支援や前線での戦闘など、機体を取り巻くあらゆる戦況に対応することができた。

型式番号
F90O
頭頂高
14.8m
本体重量
9.8t
全備重量
Now Reserching...
出力
Now Reserching...
推力
Now Reserching...
武装
強化型ビーム・ライフル、ビーム・ライフル、ビーム・サーベル、バルカン砲(×4)、シールド

MISSION PACK

S-TYPE

S(Support)タイプは、長距離支援に特化したミッションパック。ハードポイント各所に長射程砲やミサイルといった多彩な火器群を装備し、部隊の後方支援や長距離からの狙撃を可能とした仕様になっている。主武装は、肩部に装備されたメガ・ビーム・キャノンで、砲身が可動する機構を有し、射角を変更することができる。また、腰部リアに備えた支持ジャッキを使用して機体を固定すれば、より精度に優れた射撃が可能となった。
腕部には、腰部のエネルギータンクと直結した4連装ビーム・キャノンと、2連装ミサイル・ポッドが一体化した兵器ユニットを装着するほか、脚部には、翼とエンジンを搭載した自律誘導型のクルージング・ミサイルを装備。単機とは思えない驚異的な火力を実現した。
後に中距離支援機のF70 キャノンガンダムのベースとなり、量産モデルのF71 Gキャノンへと発展した。

型式番号
F90S
頭頂高
14.8m
本体重量
11.3t
全備重量
25.2t
出力
3,160kW
推力
74,760kg
武装
メガ・ビーム・キャノン、4連装ビーム・キャノン、2連装ミサイル・ポッド、クルージング・ミサイル、バルカン砲

MISSION PACK

U-TYPE

U(Up-Lift Type)タイプは、大気圏離脱を行うために開発されたミッションパック。F90はミッションパックの使用によって宇宙、地上双方で運用できる全領域型の機体であるが、大気圏離脱の際には、出力と推力を補う大型のブースターパックを接続する必要がある。このブースターパックは、円筒形のブースター部分をバックパックにジョイントする方式となっているが、バックパックのみではその重量を支えるのが不可能なことから、腰部や脚部、肩部に備えたハードポイントも用いて機体とロックする構造となっていた。併せて、頭部やコクピットなど最重要機関を保護するべく、上半身前面を覆う高耐久性のカバーパーツが装着される。大気圏離脱後は、ブースター本体やカバーパーツが速やかに本体から分離され(ブースター本体は小型機によって回収される)、すぐに戦闘へと移行できるシステムとなっている。

型式番号
F90U
頭頂高
14.8m
本体重量
9.8t
全備重量
Now Reserching...
出力
Now Reserching...
推力
Now Reserching...
武装
ビーム・ライフル、ビーム・サーベル、バルカン砲、シールド