CUSTOMIZE

ガンダム F90 Iタイプ
(強化増設装甲 試験型装備)

~製作編~

ガンダム F90 Iタイプ(強化増設装甲 試験型装備)

※この作例及び設定は公式のものではござません。

  • ご購入はこちら
  • ご購入はこちら
  • ご購入はこちら
  • ご購入はこちら

    今回使用するキットはこちら
    ・MG 1/100 ガンダムF90
    ・MG 1/100 ガンダムF90用 ミッションパック Eタイプ&Sタイプ
    ・MG 1/100 ガンダムF90用 ミッションパック Bタイプ&Kタイプ
    ・MG 1/100 ガンダムF90用 ミッションパック Iタイプ

F90 仮組み

  • F90 仮組み
  • F90 仮組み

まずは今回の作例に使用するF90仮組みを行います。

ミッションパック 仮組み

  • ▼ミッションパックStype、 Btypeの仮組み。ミッションパック 仮組み
  • ▼ミッションパックI-type仮組み。ミッションパック 仮組み

F90同様に各ミッションパックも仮組みを行います。

脚部・加工編①

  • 脚部・加工編①
  • 脚部・加工編①

脚部加工に入ります。
ミッションパックStypeパーツ名_XD4を赤線で2枚カットします。

脚部・加工編②

  • 脚部・加工編②
  • 仮組みのミッションパックItypeの脚部外装パーツに加工したXD4パーツを左右の溝に接着剤等を利用して取り付けます。

武装・加工編①

  • 武装・加工編①
  • 武装・加工編①

武装加工編に入ります。
ミッションパックStypeパーツXA14、XA15を組み付け赤線の箇所でカットします。

武装・加工編②

  • 武装・加工編②
  • マスキングテープの箇所をデザインナイフ等を利用して穴を開けます。

武装・加工編③

  • 武装・加工編③ミッションパックBtypeのバックパックを赤線の箇所でカットします。
  • 武装・加工編③カットしたパーツ同士をはめ合せます。

武装・加工編④

  • 武装・加工編④
  • 武装・加工編④

ミッションパックStypeパーツ名XC7を加工していきます。
右図を参考にピンをカットします。

武装・加工編⑤

  • 武装・加工編⑤
  • 武装・加工編⑤

カットしたEtypeパーツを切断面の位置に接着します。

武装・加工編⑥

  • 武装・加工編⑥
  • バックパックの加工に入ります。

    ミッションパックItypeのシールドブースターをBtypeバックパックへ移植し接着します。

    (ブースター内部の黄色パーツは塗装編にて塗り分けしますので現段階では嵌めなくても問題ないです。)

武装・加工編⑦

  • 武装・加工編⑦
  • Stypeの支持ジャッキにEtypeフロントスカートのセンサーユニットを接続し、プロペラントタンク形状のウエストステーを作成します。

武装・加工編⑧

  • 武装・加工編⑧
  • 武装・加工編⑧
  • 武装・加工編⑧

肩の加工に入ります。
ミッションパックItypeの肩パーツを図の赤線を基準に前後カットします。
切り離しが完了しましたら、F90本体の肩へ接着します。

武装・加工編⑨

  • 武装・加工編⑨
  • 武装・加工編⑨

最後にフロントスカートの加工です。
F90足パーツ名G9をピンを水平にカットし、フロントスカート黄色ハードポイントパーツへ接着します、上面に隙間が生まれますのでプラ板で形状を整えます。

塗装編①

  • 塗装編①
  • 白サフを使用し下地を塗装します。

塗装編②

  • 塗装編②
  • カメラアイ部分をメタリックイエローで部分塗装します。

    カメラアイ縁取り部分を艶消し黒で塗装を行いマスク淵をモンザレッドで塗り分けます。

塗装編③

  • 塗装編③

武装の塗装とF90本体の塗装が完了しました。

スミ入れ&デカール編

  • スミ入れ&デカール編

ガンダムマーカーを使ってスミ入れを行います。

スミ入れが完了しましたら、F90本体付属の水転写デカールを綿棒などを利用して丁寧に貼り付けて行きましょう。

ガンダム F90 Iタイプ(強化増設装甲 試験型装備) 完成

ガンダム F90 Iタイプ(強化増設装甲 試験型装備) 完成
ガンダム F90 Iタイプ(強化増設装甲 試験型装備) 完成