地球上で最も可愛く、最もヒエラルキーの高い生命体「ねこ」。ねこの幸せを願って、開発された支援メカ「Build Up Support Operation Unit(強化型支援作業装置)」、通称「ぶそう」によって、ねこたちの暮らしは劇的に進化。ついには、寝心地のいい新天地を目指して各々冒険の旅に繰り出した。

》ねこぶそうの過去のストーリーはコチラをチェック!

ねこたちは、「ねこぶそう」の機能を駆使して、真に寝心地のいい場所を探索するうちに、日当たりが良くてポカポカと暖かい、とある島へとたどり着いた。

ぞろぞろと上陸するねこたち。「なんじゃ、このねこらは!?」島にいた一人のおじいちゃんが目を丸くしている。「ねこと機械が見事に同調しておる!しかもこの構造…」彼は、子供のころから機械いじりが好きで、若い頃は大企業で技術者として活躍していた。いまでは家業の農業を継いで働いているが、島の発明家として近所ではちょっとした有名人だ。「ふむ… おもしろいじゃないか。どれ、いっちょワシもやってみるか」。そう言うとおじいちゃんは、納屋からドリルを取り出すやいなや、愛車の軽トラの横っ腹に穴をあけ始めたのだった。

特別掲載★4コマ漫画
PAGETOP