日本〈 JAPAN 〉

二次審査通過作品

オープンコース

シナンジュスタイン G-if(ギフ)

須永かずを

シナンジュがもし強奪されずにAEにてガンダムとして開発されていたら・・・というif設定にて製作いたしました。ニューガンダムとユニコーンの時代を繋ぐスタインのスタイルをなるべく崩さずかつ時代にそぐわないようにミキシングしていきました。カラーリングは机上の空論を意識しAEテストカラーオレンジにて塗装。

汚水処理機能付グフ

ボンゲ式

汚水処理機能の付いたモビルスーツを作りました。背中の吸引ホースから汚染された沼の水を汲み上げ、背中のタンクに貯溜。両膝の濾過器でバクテリア分解された汚染水は再度背中のタンクに生活用水として貯溜されます。放水用ホースから綺麗な水を放水し、生活用水に困っていた村人は大喜びしています。

キュベレイPワルキュリアー

池田 大介

キュベレイパピヨンの改修型。頭部には毒蛾の触角を象ったカスク状仮面を装備。仮面下にはガンダムヘッドを有し、そのシルエットはガンダム系のスマートさ、ジオン系の曲線フォルムの融合を目指したと見られる。ショットランサー、ヒートソードなどが武器となり、配色もより妖しく変貌している。

試作機の実力

なおきち

ガンダムAGE1アサルトジャケットを作成しました。追加装甲は磁石にて着脱可能です。本体はパールコートをしつつ、追加装甲はつや消しで仕上げてあります。本来は落ち着いた配色のアサルトジャケットですが、少しでも人目を引くようアレンジし、くどくない範囲でのディテールアップを目指しました。

宿命

hana

アニメ版サンダーボルト第2話のシーンを再現しました。長年使い古された旧ザクの質感と、遠距離からの砲撃やデブリをかいくぐったガンダムの左右非対称な塗装と破損具合、プラ棒20袋を使用した、サイズ規定限界の大きさで製作し、前後左右上下どの方向からでも観られるように工夫した、スペース・コロニーの反射板部分の大型スクラッチ・ジオラマです。

鋭敏再動

たつと

STRIKE-F88 #RELOAD(ストライク・フォーミュラ88 シャープリロード)世界大会優勝後、イオリ・セイ88番目の試作品。新Bユニット『ストライク・セイバー』を装備。『ストライク・バースト』と呼ばれる新システムで超高速戦闘による怒涛の波状攻撃『ツインバードストライク』を駆使して後の数々の大会を制した。というオラ妄想です。

永遠の絆 ~義経・弁慶 新しき国へ~

横田ユースケ

源義経、弁慶と、二人が出会った五条大橋を再現。2体共に武将をイメージした鎧ディテールは、薄いプラを重ねて再現、パーツ裏までも徹底的にディテールUPしています。桜の木は金属線でフルスクラッチ、それに約4000もの花を一つ一つ制作し接着しています。橋下の川には平氏から弁慶が奪った刀を沈めています。

GRIMOIRE.ver[dmi]

人参

グリモアの中距離爆撃仕様として作りました。でかいキャノン、ミサイル、ガトリング、ドッカンブースターそれでいてフルアーマーで防御もいける。みんな大好き量産機のハイスペックモデルとして意識し、性能を追加装備でカバーというお約束でストレス楽しく作り上げました。

REFINED Z PROJECT

狐陽

アムロが乗る圧倒的な強さと格好良さを持った『Z』の後継機を目指して制作しました。機体名は『リファインZ』、リ・ガズィとは違い運用中にB.W.S.との分離・合体が可能で、合体時は飛行形態への変形が可能、と戦局に応じた形態が取れるようにしています。ジオラマベースはあえてダメージ表現にしたラー・カイラムの甲板をイメージして制作しています。

ザクアート〜ザクバルーン〜

吉本プラモデル部ものいい横山きよし

町工場で働く父にザクの頭って風船みたいな頭してると言ったらザクの頭に沢山の風船が空高く登って行く絵を描いてくれました。父は「お前達が大きくなってもこんな平和な日が続きますように。と言う願いを込めて作ったよ。」とこんな感じの設定で作ってみました。

「Survive!!」

budd

多種ガンプラミキシングを基本に自分好みにマラサイを製作しました。戦国時代の武者のシルエットを参考にしたり、インディアンの本でカラーリングのヒントもらったりと資料集めも楽しい製作となりました。台座は使わなくなり置き場所に困っていたシャア専用携帯のザクヘッドプラモ充電器の内部パーツを流用しています。

義経バルバトス

御刀壮太

1/100キットのガンダムフレームの出来がMG並みに良かったので、フレームを元に具足的なアレンジを加えたガンダムを制作してみようと思い立ち、躍動的なイメージのあるバルバトスに『八双飛び』で有名な源義経をモチーフにしたアレンジで疾さと美しさを感じていただけるよう制作してみました。

AGX-04P GERBERA-REX

ぽよん

初めてのキャンディ塗装でガーベラを作りました。自分がカッコイイと思えるガーベラを目指しました。バックパックは分離して支援機となります。名前はオルセット。可愛いプチッガイをどれだけカッコよく出来るか挑戦しました。背中にくっつくだけと安直ですが、合体時のバランスをとるのが意外と難しかったです。写真が3枚のみで載せられないのが残念ですがガーベラはコックピットが開閉でき、支援機は飛行形態になれます。

最前線のStatic Display

下田重工業

U.C.0079、最前線基地におけるstatic displayをイメージし製作しました。様々な装備が魅力の陸戦型ジム、その魅力を大改造なしに表現したいと考え、航空機の展示方法をヒントにしてこの形になりました。使用キットはMG陸戦型ジム・陸戦型ガンダム・Ez-8です。

連邦の白い悪魔

梅村剛

白い装甲を身にまとい戦場を駆け巡るガンダム、脅威のモビルスーツを「連邦の白い悪魔」と恐れ称されることを作品のモチーフとしジオン兵が見たら恐怖に震え上がる様な情景を目指しました。舞台は一年戦争最後となる戦いでホワイトベースを基点に主力艦隊の集結を待つシーンです。勝利の象徴として甲板に立つ「白い悪魔」が前線ににらみをきかせています。

可能性の紅

レア

PGユニコーン&バンシィをベースに装甲を中心に情報を増やしました。規定内寸法に収まるように一部を加工し、1/60サイズの迫力が損なわれない様にし、アームドアームズやフル装備など『全部のせ』に加え、塗装は多色&複層によるキャンディカラーで仕上げました。またシールドにはマスキングによる桜模様を塗装しプロペラントタンクにはカーボンシールにて豪華な雰囲気で仕上げてみました。

「紅桔梗」

ヤマタツ

MSが持つメカニカルな美しさを表現してみました。直線と曲線が組み合わさる構造物の中に配置することにより、人型であるMSの有機的なデザインを際立たせています。また、MSの周囲の構造物を回転させることにより、作品を見た際に目線がMSに集中するよう設計しました。機体色には深みのある紫(紅桔梗色)を再現し、多数の色を積層させることにより独特な雰囲気を作り出してみました。

「真!流星胡蝶けぇぇぇぇぇん!!」

吉本プラモデル部 ソドム

"Gガンダムは全49話ですが、もし続編が作られ話数を重ねたら、新たなドラゴンガンダムも登場する!という妄想から製作しました。全身は三国志風で尚且つ身軽なデザインに。背中の翼は必殺技である「真・流星胡蝶剣」を放つ際の機体の安定化や威力の増加を促しています。青年になったサイ・サイシーが乗り込むのに相応しい機体です。

ブリッツガンダム改 シュヴァルツリーリエ

ムルチ

ブリッツガンダムの改修強化型機というコンセプトで製作しました。機体名のシュヴァルツリーリエは「黒百合」という意味です。クローを構えた姿が百合の花を連想させるところから命名しました。「とにかく派手で、カッコよく!」をモットーにして、MG、HG、SD、いろいろなスケールのSEED系キットをミキシングしています。

ギガズゴック ダークマター

もっち

ズゴックのパーツを使わずガンプラのみで名人専用GNドライブ搭載ギガズゴック製作。プロミネンス、ブライニクルクロー、テールソードは低回転発光ジムを破壊。BFはコンビナート。蒸留塔にディフューザー内臓煙出ます。ダクトファン回転発光。ジムガンキャノンフラッシュ点滅破壊の演出。センサーに息を吹くと強く炎が点灯。空間演出

イフリート・イェーガー

一刀

元キットに少しだけパーツを追加し作成しました。各パーツはグラデーション塗装し、ウェザリングを施しました。足元の泥汚れが気に入っています。台座はジオラマ風に作成しました。

WING GUNDAM DOMINION

がんぷ

ディフォルメでもディティル省略するのではなく、逆にディテイルの密度を上げ、可愛くもあり格好良くもある、そのようなガンプラ作品となることを目標に作成しました。機体名は主天使 ドミニオンから。絶対的なバスターライフルの威力をもとに、正義と統治を司る力を持つ。そのような思いを込め名付けました。

宇宙を駆ける

サトヲ コウイチ

一番好きな百式を自分の中で描いたイメージで、ほぼ全てガンプラとビルダーズパーツのミキシングで作成しました。台座はハマーン&シロッコとのコロニーレーザー防衛線をイメージしています。メガライダーを武器として扱ったため百式本体には武装をしていません。(ちゃんと跨って乗る事が可能です)よろしくお願いします。

ガンダムダブルエックス・レクシード

sera

本編後のガロードが、数年後に発生した新たな火種に対処すべく元フリーデンのクルーを集めてレストアしたサテライトシステムに依存しないダブルエックス、という想定で制作しました。レクシードとはRe:exceed 「再び超える」の意。制作に関しては全身へのディティール追加というより、密度のある場所ない場所のメリハリを意識して追加しています。

リサイクルズゴック~エコだよ!それは!~

吉本プラモデル部部長 佐藤哲夫

リサイクルズゴックの名のとおり、キットのズゴックに、プリンの空き容器などのゴミをパーツとして再利用しました!一年戦争からかなり経った時代、海中で朽ちたザクをズゴックが回収、最新のモビルスーツの部品として再利用するという設定です!アクリルレンズの窓と回転するブルー照明で水の揺らぎを再現してみました!

PAGETOP