RESULT
GUNPLA BUILDERS WORLD CUP 2016 Finalist
Australia

Australia Open Course Champion

TransAm(トランザム)

Lance Nguyen(ランス グェン)

I first saw the 00 Raiser in trans-am mode I was in awe. Animated with the after images behind showing amazing power and speed. With my entry depicting 00 Raiser flying through an asteroid debris field in trans-am mode with the use of the 3 RG 1/144 00 RAISER I hope to achieve that feeling of speed and power like the animated show. Whilst the central figure was at the end of the trans-am cycle transitioning back to normal.

トランザムモードのダブルオーライザーをアニメで初めて見たとき、残像とともにその凄まじい力とスピードが描かれており、私は畏怖の念をいだきました。私のエントリー作品は、隕石原を飛行するトランザムモードのダブルオーライザーを描き出したもので、アニメで感じた力と速度を、残像で演出すべくRG 1/144 ダブルオーライザーを3個使用しました。中央の機体は、トランザム状態から通常状態に戻ろうとしているところを表現しています。

Australia Junior Course Champion

Duke of the Inferno realm, Barbatos Noir(デューク オブ ジ インフェルノ レルム、バルバトス ノワール)

Benny Ma(ベニー マー)

'Duke of the Inferno Realm' was inspired by the "Barbatos" of the "Seventy-two Demons" from the "Lesser Key of Solomen". The model was constructed using 1/100 BARBATOS and the 6th form with the wings from the MG 1/100 DEATHSCYTHE HELL CUSTOM which is connected via magnets. This kit has been a working progress since the start of 2016 and has gone through many changes, even now it is not even in its final form!!

「レメゲトン」に出てくる「ソロモン72柱」のバルバトスをモチーフにした「地獄の公爵(Duke of the Inferno Realm)」という作品です。1/100 ガンダムバルバトス第6形態と、MG 1/100 ガンダムデスサイズヘルカスタムのウイング部分を使用し、磁石で接続して作成しました。この作品の製作には、2016年初めから取り組み、何度も変更を重ねて現状の作品に仕上がりましたが、個人的にはまだ最終形態に至っていないと思っています!

China

China Open Course Champion

Destination(デスティネーション)

Wang Chang Bin(ワン チャンビン)

I like watching documentary, so I want to use this concept in my work,presenting a 3D documentary. By this way, people can see each war which Zeon veteran went through, and realize value of peace.

ドキュメンタリー番組を観るのが好きなので、今回の作品テーマを「立体物で表現するドキュメンタリー」にしようと思いました。この作品を見てくれる人が、ジオン公国の退役軍人たちが経験したさまざまな戦いを眺め、平和の価値を理解してくれればと思います。

China Junior Course Champion

Abyss Red Knight(アビス レッド ナイト)

Peng Zhong Xiang(パン チョンシャン)

Base on MG 1/100 TURN X, I transform it to Char's style.And I also very like the red color, so I change original color into red. This MS's lots of parts are curved , for presenting Char's style, I choose to imitate electroplating coating.

赤いカラーリングが大好きなので、MG 1/100 ターンエックスをシャア専用に仕上げました。このMSのパーツの多くは、シャアのスタイルに合わせて削り出したものであり、電気メッキコーティングを模してあります。

Hong Kong

Hong Kong Open Course Champion

BARBATOS MUSEUM(バルバトス ミュージアム)

Chui Man Sing(ツイ マン スィン)

Multi-Scene: outside is the museum and inside is the item on display. Some words talks about my work inside of my "work"and The signs "No dogs allowed" & "No photos allowed" are all shown on the board. Wing : Silhouette is applied on the wings . As shown in some videos, its left hand can rotate automatically.

ここは美術館、バルバトスは展示品の設定です。「犬お断り」や「撮影禁止」のサインは、この展示品についてのものです。ウイングにはシルエットをあしらってあります。また、左手は自動回転します。

Hong Kong Junior Course Champion

Reborn(リボーン)

Wong Yuen Sing Julian(ワン ユン スィン ジュリアン)

This model is called "Reborn". He was originally a bad guy dressed in green armor. He had a big fight with others in hell. He then made up his mind to become a good guy and was reborn. He flew out from hell with his wings like a pure angel dressed in pearly white costume. The important message is that even if one has done bad things, he can have a new life if he is determined to turn into a good person.

このモデルは「Reborn(生まれ変わり)」と名付けました。元々は緑色の鎧に身を包んだ悪者でしたが、地獄で起きた大きな争いをきっかけに、良い人間になろうと覚悟を決めて生まれ変わったという設定です。彼は真珠のような白い鎧を身に纏い、天使のような翼で、地獄を飛び立ちます。たとえ悪事を働いた者であっても、良い人間になろうという決意さえあれば新しい人生を送れるというメッセージを込めました。

Indonesia

Indonesia Open Course Champion

Wing Gundam Zero "Devata" Rise of Jatayu(ウイング ガンダム ゼロ ”ディヴァータ” ライズ オブ ジャタユ)

Adrian Damar(エイドリアン ダマー)

The concept idea is to fuse the iconic beast in Indonesian culture, Jatayu The Garuda with one of the most iconic Gundam, Wing Gundam Zero Custom. Both share the same "bird" feels and unique design, so it will be nice to put them together.

コンセプトは、インドネシアの伝統的な幻獣であるガルーダの「ジャタユ」とガンダムの中でも印象深い機体であるウイングガンダムゼロカスタムとの融合(フュージョン)です。いずれも「鳥」を思わせる存在であり、独特なデザインをしているので、うまく融合させたいと考えました。

Indonesia Junior Course Champion

Island of The Blood(アイランド オブ ザ ブラッド)

Christian(クリスチャン)

The battle is between Zaku vs RGM, which is won by Zaku but Zaku got damage at his leg until bleeding.

ザクとジム(RGM)の戦闘シーンを作成しました。勝利したのはザクですが、ザクも戦闘中に脚部に大きなダメージを負っています。

Italy

Italy Open Course Champion

LIGHTS OF THE NORTH - PROTOTYPE 777(ライツ オブ ザ ノース プロトタイプ セブンセブンセブン)

Riccardo Forni(リカルド フォルニ)

My idea was to build a federal version of Kshatriya, like red Sinanju of Zeon and Sinanju stein.
STARTING KIT: MG 1/100 SINANJU STEIN VER.KA
other used kits: 2x MG 1/100 ASTRAY RED FRAME, 2x MG 1/100 STRIKE GUNDAM, MG 1/100 UNICORN GUNDAM VER.KA, MG 1/100 HI-νGUNDAM, 4x HG 1/144 MSN-001X GUNDAM DELTA KAI, MG 1/100 MSN-001A1 DELTA PLUS
Total of LEDs used: 26
- Body of the model powered by AA batteries inside the base
- Wings / blinder has separate power supply by mini stylus battery inside of each wing
- Illumination of 2 rifles realized through LED and fiber optic "full light".
The baseplate, scratch-builded at 90%, sustains the entire model by means of metal pins that pass inside the leg (the only point of support for entire model).
All the work is removable and is assembled through metal joints with square section and neodymium magnets.
Completion time: 12 months.

連邦バージョンのクシャトリヤを目指しました
・メインに使用したキット: MG 1/100シナンジュ・スタイン Ver. Ka
・他に使用したキット: MG 1/100 アストレイ レッドフレーム×2、MG 1/100 ストライクガンダム、MG 1/100 ユニコーンガンダム Ver. Ka、MG 1/100 ν2 Hi-νガンダム 、HG 1/144 デルタカイ×4、MG 1/100 デルタプラス
・使用LED総数: 26個
- 基部の単3電池からモデル本体に電源を供給
- ウイング/ブラインダーには、各ウイング内に設置した小型のバッテリーによる別電源を使用
- 2丁のライフルのイルミネーションは、LEDと光ファイバーを実装

基部プレートは90%をスクラッチビルドしており、モデル全体を脚部内に差し込んだ金属製のピン(モデル全体で唯一の支点)で支えています
すべての部品は取り外し可能であり、水平面とネオジム磁石を使用した金属ジョイントで組み立ててあります
完成に要した時間: 12か月

Japan

Japan Open Course Champion

The Eternal Bond -Yoshitsune & Benkei, for the new country-
ジ エターナル ボンド ~ヨシツネ アンド ベンケイ、フォー ザ ニュー カントリー~
(永遠の絆 ~義経・弁慶 新しき国へ~)

Yusuke Yokota(ユースケ ヨコタ)

Re-enacted the Gojo Ohashi Bridge, where Yoshitsune Minamoto and Benkei encountered for the first time.
The design and details of each other’s armor was inspired by two legendary warriors,
which armor was made from multi-layered plastic with extensive care to the details of the rear side of the parts.

The sakura tree is made of metal wire from scratch, carefully attaching approximately 4000 cherry blossoms.
There are swords sunk on the bottom of the river, which Benkei took from the Tairas

源義経、弁慶と、二人が出会った五条大橋を再現。
2体共に武将をイメージした鎧ディテールは、薄いプラを重ねて再現、パーツ裏までも徹底的にディテールアップしています。
桜の木は金属線でフルスクラッチ、それに約4000もの花を一つ一つ制作し接着しています。
橋下の川には平氏から弁慶が奪った刀を沈めています。

Japan Junior Course Champion

Strike & Dark Matter(ストライク アンド ダークマター)

Takuma Fujimoto(タクマ フジモト)

I have built the work with the image of “the battle against Gundam Dark Matter in the space”.
I have painted the model using air-brush with special masking paper.
Inspired by the water flow expression of one of the rides I saw in the amusement park, I have used two acrylic panels.
The base panel will rotate by using turn table to express the swell of the universe.
This is my final work as a GBWC junior course contestant.

ビルドストライクとディスティニーを合体。ダークマターとの宇宙戦をイメージ。
真綿虫網写し紙でマスキングし、エアブラシで塗装。
アミューズメントパークのアトラクションの水の表現を参考に、父と相談してアクリル板2枚使って下の板だけターンテーブルで回転。宇宙のうねりを表現。
ジュニア最後の作品です。

Malaysia

Malaysia Open Course Champion

The Last Battle of Wing(ザ ラスト バトル オブ ウイング)

Leong Kok Hsiung(レオン コック シング)

I was lucky enough to met some of the exerience modeler 12 year back. They teach me a lot along the way and we share comment and tips on how to improve each others GUNPLA Display.
The concept that I'm bring out is something which look like the explosive sence which we can see in Hollywood movies.

私は幸運にも、12年前に経験豊かなビルダーと出会う機会に恵まれました。彼らはこれまでにたくさんのことを教えてくれ、ガンプラのディスプレイについて、互いに意見やヒントを交換し合いました。
今回目指したコンセプトは、ハリウッド映画の中の爆発シーンのように見えるものです。

Malaysia Junior Course Champion

Pinky Wing Gundam Fenice Rinascita(ピンキー ウイング ガンダム フェニーチェ リナーシタ)

On Xin Yi(オン シン イー)

GUNDAM FENICE RINASCITA is one of my favorite Gundam because of his pink wing shield, which is very outstanding and special.

ガンダムフェニーチェリナーシタは、ピンク色のウイングシールドが非常に目立ち、独特なので、私の大好きなガンダムの一つです。

North America

North America Open Course Champion

Zeta+ C1 [BST] Hummingbird ver. Grim Reapers(ゼータプラス シーワン [ビーエスティー] ハミングバードバージョン グリムリーパーズ)

Tim Harkins(ティム ハーキンス)

The Hummingbird has been a labor of love for the past 4 years. It has changed and evolved many times over and gone through several re-models. A wide array of skill sets have gone into making the Hummingbird as well as a wide variety of materials. There’s not a single piece on the model that hasn’t been modified in some way. Some pieces have added panel lines or modifications for better fitment, while other pieces have been extensively modified, or completely scratch built.

「ハミングバード(The Hummingbird)」は、4年間にわたる情熱の結晶です。幾度となく変更や進化があり、リモデルも数回行っています。ハミングバードの製作には、さまざまなスキルと多くの素材が必要でした。モデルの部品のうち、何かしらの手を加えていないものは1つとして存在していません。パネルのラインを追加したり、よりフィットするように形を修正したりしただけのパーツもあれば、大幅な改造を加えたパーツや、フルスクラッチビルドしたパーツもあります。

Philippines

Philippines Open Course Champion

GRAZE EIN CUSTOM: BALAWIS(グレイズ アイン カスタム:バラウィス)

Mark Mediavillo(マーク メディアヴィロ)

One of those great things I really love with gunpla is.. Articulation. Thats why I maintain those joints/hinge and add some more. For me..Entering GBWC competition is feels like.. Putting your self into the world of Gundam build fighter series along with the other competitor. Thats why I came with this kind of concept. A GRAZE EIN with mash-up of 4 main gundam unit of gundam wing series. Wings represents the GUNDAM WING ZERO CUSTOM for mobility. Gatling gun and rocket launcher for range attack represents the heavy arms.. The mechanical dragon like head.. For GUNDAM ALTRON. The blade behind the right leg.. For the GUNDAM D.HELL... And... For GUNDAM SANDROCK supposedly I will use his signiture weapons/sword. But instead.. to keep the image of GRAZE EIN, I retain his own weapon. I choose graze ein as his base form because.. For its flexibility and balance as a kit/model.. And a furious gundam in a battle. I try to make him more flexible, add more aguility appeal on him by combining 2 kits of HG 1/144 GRAZE EIN.. With this kind of kitbash.. It feels like.. no one can defeat him in a battle.

ガンプラに関して特に素晴らしいと思うのは、その関節部分です。そこで、関節/ヒンジ部分はそのままに、追加していく形を取りました。私にとってGBWCへの参加は、他の参加者たちと一緒にガンダムビルドファイターズの世界に飛び込んでいくような感じがします。だからこそ、ガンダムWのメインガンダム機体4体をマッシュアップしたグレイズアインというコンセプトの機体を思いついたのだと思います。ウイング部分は機動力に優れたウイングガンダムゼロカスタム、遠距離攻撃に優れたガトリング砲とロケットランチャーは、ヘビーアームズ、メカニカルな竜のような頭部はアルトロンガンダム、そして右脚後方のブレードは、ガンダムデスサイズヘルを表しています。ガンダムサンドロックについては、トレードマークの武器(刀)を使用しようと考えていましたが、グレイズアインの原型をとどめるためにオリジナルの武器を使用しています。ベースとなる機体としてグレイズアインを選択したのは、キット/モデルとしての柔軟性とバランス、そして劇中でのすさまじい戦闘が印象的だったからです。さらに柔軟性を高め、また俊敏さを表すためにHG 1/144 グレイズアインのキットを2つ組み合わせて使用したことで、比類ない戦闘ユニットという雰囲気が出ていると思います。

Philippines Junior Course Champion

ZEONIC FRONT "AXIS WARS"(ジオニック フロント "アクシズ ウォーズ")

Angelo Dela Cruz(アンジェロ デラ クルーズ)

I started doing my entry last December 2015. I really enjoyed doing this for I was able to also combine my talent in painting and diorama making.
It took a lot of time but in the end, It’s all worth it.

この作品の製作は2015年の12月に開始しました。製作過程では、絵画やジオラマ製作のセンスも必要となり、非常に楽しめました。完成には多くの時間を要しましたが、その価値のある作品が仕上がったと思います。

Singapore

Singapore Open Course Champion

和(WA) PEACE RIDER(ワ ピース ライダー)

Benjamin Wong Yuan Jun(ベンジャミン ウォン ユアン ジュン)

The inspiration behind is peace, a weapon free, Japanese inspired gunpla. I kitbash a SDBF "KURENAI MUSHA" RED WARRIOR AMAZING to 1/144 redwarrior and graze to achieve the Geisha look gunpla. The goldfish ride is modified from RE/100 NIGHTINGALE kit and HG GUNDAM G-SELF ASSAULT PACK. Paper , wood are combined with gunpla to create a new type of look. Bonsai diorama is Zen inspired.

平和で武器を持たない和風ガンプラ、というコンセプトで作成しました。SDBF 紅武者アメイジング をミキシングビルドして、1/144 紅武者とし、塗装により芸者風のガンプラに仕上げました。金魚の乗り物は、RE/100 ナイチンゲールのキットとHG 1/144 ガンダム G-セルフ(アサルトパック装備型) から作成しています。紙や木とガンダムの組み合わせにより、禅の精神にインスピレーションを得た盆栽ジオラマという新しい装いが完成しました。

Singapore Junior Course Champion

Beast of Destruction(ビースト オブ ディストラクション)

Gregg Tey Yi Xiang(グレッグ テイ イー シアン)

I am motivated by the mobility of Unicorn Gundam in the anime series to create the concept of my work . I am also inspirited by 2012 Singapore GBWC Champion's work which also helped me to create the concept of the work. One of the appealing points is the funnel backpack of customised unicorn which is also transformable . The next appealing point is the triple horns on the head.

アニメに登場するユニコーンガンダムの機動性や動きに刺激を受け、今回の作品コンセプトが生まれました。また、2012年のガンプラビルダーズワールドカップ シンガポール代表の作品にも、インスピレーションをもらいました。アピールポイントは、トランスフォーム可能なカスタム式ユニコーンのファンネルバックパックと頭部の三本の角です。

South Korea

South Korea Open Course Champion

Camouflage, Zeon's New Weapon(カモフラージュ、ジオンズ ニュー ウェポン)

Lee Jinho(イ ジンホ)

I made the concept of "camouflage" and made a RICK DOM wearing an outer glove that looks like a NIGHTINGALE. The body, RICK DOM, was based on MG 1/100 SAZABI Ver.Ka.
NIGHTINGALE also tried to match the color of the detailing up so that the outer glove looks balanced with the body.

「カモフラージュ」をコンセプトに、ナイチンゲールを思わせる手甲をリック・ドムに装着しました。リック・ドムの機体は、MG 1/100 サザビーVer.Kaをベースとしています。
ナイチンゲールの手甲部分が浮かないように、機体色を整えました。

South Korea Junior Course Champion

The competitive spirit(ザ コンペティティブ スピリット)

Kim Kwanwoo(キム カンウ)

The competitive spirit.
This model demonstrates the dramatic moment capturing the tenacity of the fighting spirits of two equally proficient warriors during battle.

負けない心(The competitive spirit)
このモデルは、実力伯仲の2体の戦士の不屈の精神を捉えたドラマチックな瞬間を表しています。

Taiwan

Taiwan Open Course Champion

THE LEGEND(ザ レジェンド)

Dennis Chou(デニス シュウ)

The Legend, was inspired by Guan Yu whom was well known as the God of War way back in the Three Kingdom Era. This project was created with “Gunpla is freedom” in mind. The armors on both Guan Yu and the dragon were carved out with cloud-like symbols, and painting was done to mimic metal gone through chemical treatment processes, along with high-gloss and semi-gloss finishes to get that unique visual contrast.

本作品「レジェンド(The Legend)」は、三国志時代の戦神として知られる関羽にインスパイアされています。本プロジェクトの進行中は、「ガンプラは自由だ」という言葉が念頭にありました。関羽と竜の両方が着用している鎧には、雲形の彫刻を施し、鉄を模した塗装を行ったほか、光沢仕上げと半光沢仕上げという違いにより、独特な見た目のコントラストを生み出しています。

Taiwan Junior Course Champion

OVER WAR(オーバー ウォー)

Chiu Hsien Chun(チョ シェン ジュン)

Trying to show how a Mobile Suit's usage when the war is over.
A war machine is turned into an ordinary vehicle, which no longer poses a threat.

戦争が終わった後、モビルスーツがどのように使われるかを、この作品で表現しています。
その兵器はもはや、ただの乗り物となり、人々に脅威を与えるものではなくなります。

Thailand

Thailand Open Course Champion

LOVE LOST(ラブ ロスト)

Vichayuth Eiam-Ong(ヴィチャユス エイアム-オン)

A wife receives a letter from the E.F.S.F. instead of the return of her beloved husband from the war against the Zeon forces. The letter told her how he died that day.

戦場から愛する夫が帰宅するのを待つ妻のもとに、地球連邦軍からの手紙が届く。それは、夫が如何にして散ったかを告げる手紙だった・・・。

Thailand Junior Course Champion

GO FIGHT!! FINAL WAR(ゴー ファイト!! ファイナル ウォー)

Pachara Oranriksupuk(パチャラ オランリクスパック)

" Go Fight !! Final War " made from the concept of "Though we have passed a great battle, but it’s not the end. We must have a hope. Go Fight and do it best for the Final War.”
This model is a combination of weathering and modifying. I'm proud to present my beam cannon and missile that were made by melting parts. I made by burning them all melt and weathering. I also use LEDs to make effect of explosion underneath the damaged base.

本作品のコンセプトは、「大きな戦いを終えたがまだ終わりではない。希望を持たなければ。さあ、最終決戦で死力を尽くそう」というものです。
このモデルは、ウェザリングと改造を組み合わせて制作してあります。部品を溶かして作成したビームキャノンとミサイルは自信作です。火であぶり、ウェザリング加工を施しました。また、LEDを使用して損傷したベース部分の内側で爆発が起きている様子を表しました。

©SOTSU·SUNRISE  ©SOTSU·SUNRISE·MBS  ©SOTSU·SUNRISE·TV TOKYO
PAGETOP